見出し画像

4Qキックオフ会を開催しました

2023年9月末日、BOXは4Qキックオフ会を開催しました。本noteでは、キックオフ会をレポート形式で振り返ります。

BOXのこれまでとこれからを代表角田から

会の前半では、BOXのこれまでを全員で振り返りました。

セブンリッチグループの一事業部として立ち上がった2020年から2023年3Qまでを写真で振り返り
3Qにジョインしたメンバーは20人近くおり、メンバー総数は60人を上回ろうとしています

そして、角田から「宣言」として、改めてBOXの在り方が定義されました。

「前提」のほか、精神面・教養面・目標面などのあらゆる面から、BOXメンバーとしてのあるべき姿が共有されました

さらに

  • 売上規模

  • 組織規模

  • ビジネスモデル

などの、2024年以降にBOXが目指す姿も共有しました。

3Qの“ベストバリラ―”は誰だ?4Qのバリュー達成に向けて

会の後半は、食事を交えながら、ベスト〇〇&ベストバリラ―の表彰に移ります。

ベストバリラ―とは、BOXの中でもっともバリューを体現した人を指す造語です。BOXでは、2023年8月から「バリラー表彰」の制度を取り入れ、第2回表彰式となる今回は3Q全体を振り返り、投票を行いました。

在籍歴の短いメンバーも大躍進。役割別ベスト〇〇

2023年3Qのトップセールスに輝いたのは、2022年4月入社の白木俊輔。候補者との丁寧なコミュニケーション、クライアント企業との徹底した向き合いが功を奏し、多くの候補者と起業のマッチングを実現しました。

▼白木に関する記事はこちら

入社時期を考慮し、売上を月平均で換算した「ベストプレイヤー賞」には、商社・スタートアップ・公務員・元ラーメン店スタッフという異色の経歴を持つ佐木川良が選ばれました。

候補者からの信頼も厚い佐木川。「お疲れさまでした~。今日の面接、どうやった?」と、候補者さんに連絡を入れる声が毎日のようにオフィスに響いています。

さらに、ベストマネージャー賞には海老沢、ベストRAには平岡棚橋、ベストCAには長山が、メンバーの投票によって選ばれました。

ベストバリラーに選ばれたのは

最後はいよいよ、ベストバリラ―の発表です。2023年3Qのベストバリラ―には、ベストRAとしても表彰された棚橋が選ばれました。

選定理由(各メンバーより)
リーダーとしてメンバーへポジティブな声掛けをする姿、周りの意見も取り入れながら業務を進めていく様子など、日常のどの場面を切り取ってもBOXバリューを体現している方だと感じた(水島より)

「自分で決めたことは責任を持ってやり遂げる」「チャンスを無駄にしない」っていう達成意欲や成長意欲を佑梨彩から感じた3Qでした。業務に加えてイベントの準備や+αの業務をこなすのもかなりの負担があり、きっと周りに見えない努力もたくさんあったと思うので敬意も含め選びました(飯山より)

タイミーの説明会やSmartHRとの共催イベントなど、BOXが注力する企業に向けての貢献度が高い。BOXの認知度を上げるというのはとても重要な役割だと私自身感じていて、そういった観点からもnoteの作成など、BOXの認知力を広めるための活動にも貢献していたというところからベストバリラ―として当てはまると思いました。
仕事以外の文脈でも、女性の働き方に向けて色々施策を考えていたりそのほかのバリューにおいても棚橋が当てはまるエピソードがあるので、3Qのバリラーは棚橋が一番最初に思い浮かびました。(小池より)

最後は全員で記念撮影。福岡拠点を含む全メンバーで4Qへの決意を新たにしました!

4QもBOX一同全力で走ります

すでに始まっている2023年4Q。より多くの候補者とクライアント企業のマッチングをサポートし、2023年を笑顔で締めくくれるよう、BOXは引き続き邁進します。

年内に転職を考えている方、2024年以降のお取り組みを検討くださっている企業様は、ぜひ下記よりお問い合わせください。



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!